遮熱対策

断熱から遮熱対策のエコ住宅で省エネ!

断熱資料

超薄型高遮断熱材 『リフレクティックス』
リフレクティックスは国土交通省が認める不燃材料です。たった8mmの厚さで97%の熱反射。高断熱、耐久性にも優れ、清潔、安全な建材です。

  • 輻射熱をカットする決め手は反射熱!
  • 屋根裏の空間を制するものは時代を制する
  • リフレクティックスの耐久性

詳細は下記画像をクリックしてください

topimg_02[1]

reflectixMain

img_top_s01-pc

高気密・高断熱住宅

屋根・壁・床と建物全体をリフレクティックスで覆い、市販の断熱材では不可能な快適空間を作り出すことが出来ます。また、省エネルギー効果は絶大です。

夏に屋内が暑くなる最大の原因は太陽からの熱線(可視光・赤外線領域の電磁波)によって暖められた屋根や外壁から発生する輻射熱(赤外線領域の電磁波)が原因です。

ほとんどの建材は反射率が低く、外部の輻射熱を吸収してしまい、屋内に向かって再放射してしまいます。したがって夏は暑く冬は寒いという結果になってしまいます。

topimage-1-938x300

column01_04

column01_01

comfortablehouse-winter

「断熱材」と「遮熱材」は違う

従来より建物内の暑い寒いを防ぐには「断熱材」を壁や天井に入れれば良いと思われてきました。
しかし、それでは全く不十分であることが近年ようやく理解されるようになってきました。輻射熱への認識があまかったのです。それは、「断熱材」では輻射熱を止められないからなのです。

「断熱材」とは熱伝導をゆっくりさせる素材で、 「熱伝播遅行型熱吸収素材」と言えます。

輻射熱(赤外線電磁波)は「断熱材」を貫通したり、「断熱材」自体を暖めていきます。いったん温まった「断熱材」は、天日干しした布団のように今度はなかなか冷めません。日が暮れても放熱し続けることになります。

1階より2階が暑くなるのは、屋根からの輻射熱の影響であり、「断熱材」が機能していないことがよく判ると思います。そのような「断熱材」を従来使い続けてきたのです。 しかし、輻射熱への対策しだいで室温も体感温度も下げることが出来ます。


そこでリフレクティックスの出番です。リフレクティックスは「遮熱材」であり、「断熱材」ではありません。

リフレクティックスは裏表両方向からの輻射熱を反射させます。 高い輻射熱を受けても表面は、ほとんど熱くなりません。

しかし、リフレクティックスは伝導熱と対流熱には対応できません。表面のアルミは鉄の3倍伝導熱を伝えてしまいます。

だからといって「断熱材」を併設する必要はありません。元々建築時に必要な仕上げ材などを用いて リフレクティックスに静止空気層(2重サッシの空気層みたいなもの)を併設することで、高い断熱性能も合わせ持つことができるのです。