職人ブログ

K様邸 基礎工事

9月に地鎮祭、先月地盤調査が行われた現場で基礎工事が始まりました!

 

 

こちらの写真は、丁張りという作業の様子です。

丁張りとは

工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業です。

具体的には「建物の水平方向の高さ」と「建物の配置」「壁・柱の位置」を規定します。

丁張りが間違っていると、建物も間違って造られる事になるので大切な作業となります

 

 

こちらは配筋作業の様子です。

これが終わると、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認するために配筋検査が行われます

建物の強度や耐久性に直接影響するための重要な検査なのですが、

この配筋検査が、本日無事に終わりました

 

基礎工事が着々と進んでいきます!

いろんな作業を知ることが出来て、勉強になります

今後の作業の様子も更新していきます(^^)/