職人ブログ

雷でテレビ壊れてしまったら・・・

おはようございます。

今週は寒い日が続きそうですね

雪だけはもう勘弁です

しかしそのおかげで先週の休日にやっとスキーへ行ってきました!

先週の土曜日のセイモアスキー場です。去年は雪が少なかったこともあり1度も行けなかったので子供たちにとっても念願のスキーでした

元日本代表選手の特別コーチをみっちり受けることができたのでメキメキ上達しました

 

さて今日の本題に入ります。

先日の大雪の初日の夜、もの凄い雷が鳴っていたのを覚えていますか?

そんな中リビングのテレビの基盤が突如光ってバチンッと音を立てて画面が消えました

一瞬何が起きたか分かりませんでしたが、雷で壊れたのだと何となく分かりました。

コンセントを抜いて時間をおいから挿してみてもうんともすんとも。

それから1週間以上、我が家のリビングにテレビが映らない日々が続きました。

とても静かで初めは寂しいなと思っていたのですが、慣れてくると気にならなくなってきて家族の触れ合いの時間が増えていることに気づきました。

子供たちも「逆にテレビなくてもイイかも」と言い出すほどです。

昔の人はテレビもゲームもない中でこんな風に家族仲良く暮らしていたのかなぁなんて思ったりもしました。

 

先週の週末、やっと電気屋さんが来てくれて修理して直りました

基盤の交換だけで済み、幸い火災保険が効くということで修理代も2万ちょっとでした

基盤を替えても直らなかったら修理不可能で買い替えるしかないところでした。

電気屋さんが言うには落雷によるテレビの損傷を受ける家は決まっているそうです。

と言うのも、一度落雷によって被害を受けたテレビには癖が付くそうで、コンセントの場所を変えても部屋の場所を変えてもまた壊れる可能性が高いそうなんです不思議ですね!

なので毎月のように壊れてしまって依頼があるお家もあるんだとか

これも雷が多い北陸ならではかもしれませんね

雷による被害を避ける方法は1つ、コンセントを抜いておくことです!

我が家のリビングのテレビは『癖』がついてしまったので、近くで雷が鳴るたびにテレビのコンセントを抜くようになりました

他にも落雷による被害が多いのがパソコン、エアコン、エコキュートなど。

精密機械ほど壊れやすいそうで、冷蔵庫や洗濯機などに被害はでないそうですよ。

 

また少しだけ利口になった石川でした