職人ブログ

水回りオールリフォームの解体現場は驚きの連続でした。

 

 

5月15日から始まった金沢市M様邸。

キッチン、バスルーム、洗面台が撤去されて、壁、床も剥がして下地の状態になりました。

床下に断熱材は入っておらず、壁はトタン。

写真では基礎の上に新しい下地が少しできています。

シロアリ用の薬もちゃんと塗っています!

昔の家ってまるで小屋のような作りです

トタン1枚なので隙間だらけ。

「こりゃ、隙間風も虫もどんだけでも虫入って来るわ~」と社長も言っていました。

今日は設備屋さんも来てくれて配管工事もしていますが、どれだけ水を流しっぱなしにしても水が薄茶色。

お施主様が言うには飲み水や食事には買ってきた水を使っていたそうです

まさかこんなに酷い状態だったとは・・・なぜもっと早くに直さなかったのかが不思議です

私が一番気になったのは充満するカビの匂いでした。

床下が原因だったそうです。

解体すると原因や不安が見えてきます

それらを取り除いて安心して快適に健康に生活できるようにするのが私たちの仕事なのです