2018年10月

デクラ屋根システムとは!?

おはようございます!

石川です(^-^) 

10月も最後になりました。明日から11月に突入です。

我が家の息子は『11月から冬やよね⁉やったーーっ!」

と謎の喜びをしていました(笑)

 

さて、今日の本題です。

皆さんは、ハイブリッド鋼板屋根材を知っていますか?

南欧風タイル屋根 デクラミラノ(DECRA Milano)杉板調 屋根 コロナ(CORONA)超軽量屋根セネター(SENATOR)

世界120カ国以上で採用され、60年以上実績がある天然石とガルバリウム鋼板でできた安心の屋根材です。

「デクラ屋根システム」は、超軽量で地震に強く、メンテナンスフリー「30年の材料品質保証と10年の美観保証」

超軽量で取扱い性に優れた環境にやさしい屋根材で、「30年の材料品質保証」と「10年の美観保証」がついていて安心です。
1㎡あたり約7kgと超軽量で、台風や地震などによる滑落の心配もありません。
また、天然石を使用しているので色褪せの心配や、塗り替えの必要がないメンテナンスフリーで、長期的にとてもお得な屋根材です。

超軽量なため、建物への構造負担が軽減されますので新築の際にもコストを削減することが可能です。また、屋根が軽く建物の重心が低いため地震の際でも揺れ幅が小さくなり、耐震・免震・制震性に有効です。天然石を使用しているため色褪せの心配や、塗り替えや葺き替えの必要がありませんので、メンテナンスフリーで、新築をお考えの方にも長期的にお得な屋根材です。

新築の屋根だけでなく屋根のリフォームにも適しており、長年の厳しい環境を過ごしてきた建物と施主様の負担を軽減できます。超軽量な屋根材のため、建物への構造補強を削減する事が可能で、コスト削減にも繋がります。また、簡単な施工「インターロック工法」で工期を短縮することができます。超軽量屋根材だからこそ可能な「カバールーフ工法」も施工でき、既設の屋根を剥がさないため、さらに工期短縮可能で、工事中でも生活ができますので施主様の負担を軽減できます。

このハイブリット屋根を今回施工の新築に採用しました

見た目はスタイリッシュなシンプルな屋根というところですね。

この屋根材を使用すことになった経緯は、勉強熱心なお施主様のご意向です。

先頭部分で紹介した通りメリットたくさんのハイブリッド鋼板屋根材「デクラ屋根システム」。

ひと昔に比べて屋根に使用される新しい素材や工事方法が増えています。
現在は、お施主様自らインターネットを用いて「予算」や「将来のメンテナンス」「屋根の耐久性」「形状」「断熱性」「デザイン」などを調べて、使用する屋根材の種類を自由に選択できる時代です。

最も普及した商品名「カラーベスト」「コロニアル」で呼ばれることもあります。
色やデザインも豊富で、軽量かつ安価であることから普及してきた素材です。

  • 耐火性、断熱性に優れている
  • 最も普及している屋根材なので多くの業者が施工できる
  • 軽量のため耐震性に優れている                    などのメリットもありますが、

 

  • 暴風雨に比較的弱く隙間から雨水が入り込みやすい
  • 定期的な塗装が必要になる
  • 人の重さや、強い風や災害、積雪でも重さで割れてしまうことがある
  • 表面がザラザラしているので、水分が滞留しコケやカビが生えやすい   などのデメリットも多いです

 

屋根塗装は約10年サイクルで塗装しなくてはなりませんし、塗装していなければ、20~25年で葺き替えしなくてはなりません

それに比べて昔からある瓦は耐久年数50年~100年と耐久性が高く、塗り替えの必要がありません。

厚みや重さがあるため、耐熱性、断熱性、遮音性にも優れた屋根材です。

屋根裏の熱がこもらないので夏は涼しく冬は暖かいという良い点もあります。

しかし、他の屋根材と比較して重量が重いので、工事の際には耐震性を考慮する必要があります

近年、屋根の種類が増加しています。
汎用されているコロニアル屋根、ガルバリウム鋼板の中にもグレードがあり、メーカー保証の内容も異なります。

それぞれの屋根材にはメリット・デメリットがあり、自分の好みやお住まいに合った屋根材を選びたいものです

現場レポート S様邸

 

以前のブログで、

建て替え前に使っていた欄間を新しい家でも使いたい

とご要望があり、欄間の再利用についてご紹介しました。

 

その欄間を取り付けるために下がり壁をつくりました

現在は、そこにはめ込むための枠を造作中でした🔨

立派な欄間でしたので、新居でもきっと存在感があるでしょうね

 

 

2階には広い窓やすべり出し窓があり、

とても気持ちの良い風が入ってきていました( ˘ω˘ )

ここ最近のような秋晴れの日は、ここでくつろぐと最高なんだろうな~と羨ましくなりました(笑)

日に日に完成に近づいていくので、たまに進行状況や様子を見に行くのがとても楽しみです(*^^*)

 

盛建築では

お客様のご要望にできるだけお答えできますよう頑張っておりますので、

気になる事がありましたら是非一度ご相談下さいませ

大忙しの盛下社長!!

ある日の朝、会社に出勤すると社長がすでに何やら作業を始めていました!!

現在、新築工事中の現場に設置する下駄箱をつくっているようでした👀❕❕

 

他にも、お客様の店舗に設置する棚を造作したり🔨

お隣で松井さんも頑張っていましたよ

それ以外にも

ある時はクロス貼りやフィルム貼り、

  

またある時は、私たちスタッフの為にコンセントやランケーブルをつないでくれたりと、

何でも器用にこなして下さる盛下社長です

現場レポート 南風~nanpu~

白山市殿町に南洋料理のお店がオープンします!!

奥様が中国の方で、育ちはマレーシアなんだそうです

現在は日本に来て7~8年建ちますが、日本での生活が気に入られて数年前にお家も建てられたそうです🏠°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

そしてこの度、南風~nanpu~ NEW OPENとなります!!

 

こちらのお店では、ほとんどのお料理に砂糖を使わずスパイスとハーブ料理といった、健康的なお食事を食べられますよぉ

 

南風という名前の横のたんぽぽは、

奥様が昔からたんぽぽがお好きだったという事もありますが、

「南風に乗って新しい土地で根付き花を咲かせる🌼」

という素敵な思いが込められているようでした

また、自分自身にも重なるという事でたんぽぽの綿毛がワンポイントとなっています!

 

店舗は、全体的に白を基調としていて白とステンレスのみのシンプルなデザインです。

現在は外壁工事中ですが、素敵なお店がまた一つ増えるのがとても楽しみですね(*^^*)

11月11日 南風~nanpu~オープンです!

どうぞお楽しみに

工務店で新築を建てるということ

こんにちは、今日も秋晴れ🍂

暑いのが苦手な私には涼しくて過ごしやすい季節となり、大変嬉しいです!

そんな私の横で寒がりな主人は「寒い、寒い~(~_~)」と家の中でもジャンパーを着たりしていて

寒さの感じ方は人それぞれなんだなぁと不思議に思ったりしています。

先週末、主人の兄弟夫婦の新しい家が完成したので早速遊びに行って来ました!

大きな吹き抜けではしゃぐ子供たち

ダイニングキッチンから1段下がってのリビングスペース。

床は何とタイル張り!!珍しいですよねっ

正面に見える格子の裏は廊下のようになっていて、玄関に続いています。

リビングスペースに廊下があるイメージ。斬新でオシャレに感じました

ダイニングキッチンスペースには床暖房完備で快適です。

 

実はこの家の旦那さんのお父様は現役の大工職人さん。

『これが最後の大仕事だ』と張り切って息子夫婦の為の家を造ったそうです。

言わば町の工務店さん。

個性的なデザインが光るこの家ですが、モデルハウスを見に行って、気に入ったデザインを設計に取り入れて造ったそうです。

細かな要望を柔軟に叶えて聞いてくれる、工務店さんの良さですね。

リビングダイニング合わせると30畳以上もある広々とした空間で私好み

本当に素敵なお家でした

盛建築で施工中のお家もお客様の要望を最大限に叶えて快適な住まいを提供できるよう頑張らなくては

と改めて思いました

放射熱を96%はね返す遮熱シート

今日は、盛建築でもオススメしている遮熱材「レフミラー96」をご紹介します\(^o^)/

 

レフミラー96とは

宇宙服の技術から生まれた、住まいの温度を快適に保つための遮熱シートです!

 

宇宙服は14層になっていて、そのうち7層がアルミ蒸着された生地でできているそうです。

宇宙ステーションのまわりは、太陽光の当たる部分の温度が120度、逆に光が当たらないところでは-180度まで下がり、その差は300度です(; ・`д・´)

宇宙飛行士さんがこれだけ熱影響を受けずに作業できるのは、このアルミのおかげなんです☆

 

このアルミ遮熱シートを壁や屋根に貼ることで、家全体が宇宙服をまとう状態になります!

 

放射熱を家に溜めないためには、放射熱をはね返す「遮熱」が必要です

しかしほとんどの建材は反射率が低く、放射熱を吸収してしまいます。

各種熱線をよく反射する特性を持つアルミニウムを使った遮熱材レフミラー96は、外部からの熱線を約96%反射します

 

対流や伝導による熱移動を防ぐ「断熱」に加えて、

放射による熱移動を防ぐ「遮熱」を行うことで、室温や建物そのものの温度上昇を抑えます

 

これを使って試してみました

 

ここから数十分後

 

左右の温度計から、レフミラー96の方が外部からの熱が伝わりにくいという事が分かりますよね

 

このように夏の厳しい暑さ対策と、冬の暖気を逃がさない寒さ対策をします!

 

特に夏は屋根からの熱を反射することにより、例えばロフトがあっても1階との温度差がほとんどありません😆

これにより、エアコンの使用も必要最小限となり、省エネ効果につながるのです

N様邸 外壁工事

おはようございます!

朝晩とても冷える日が続いていますね。

ついこの間も、一日中ブルブルしていました(+o+)

室内仕事の私でもこんなに寒いんだから

外で仕事をされる方はもっと寒いだろうな・・・と心配になります。

これからもっと寒さの厳しい季節になりますので、

皆さま体調をくずされませんように。

 

先週も朝から冷え込んでいましたが、

お天気が回復してきた事が救いでした(^^♪

 

そんな中、N様邸の外壁工事が始まりました。

松井さんと一緒に工事着工のお知らせ、ご挨拶まわりに行ってきました

だんだん体も温まってきて、まわり終わる頃にはポカポカしていました

またN様邸のビフォーアフターもご紹介したいと思います(^O^)

現場レポート M様邸 新築工事

金沢市M様邸の新築工事の現場を見に行ってきました!

現在、盛建築では二棟同時で新築工事を行っていて、

こちらの現場には初めて入らせて頂いたのでとても新鮮でした

 

M様邸は2階にリビングがあるスタイリッシュなつくりで、そこに更にロフトがあります!

 

↓ こちらの小窓は

 

↓ このように

ベランダにつながっていて

ここに置く予定のゴミ箱へ🚮

ペットボトルや空き缶を捨てる事ができるようになっています

 

玄関横には大きな収納スペースがあり

 

ロフトも収納には十分な広さにつくられていました

大体のものはここに収まるのではないでしょうか(^^)/

 

また進行状況をお伝えできればと思います

解体工事のお祓いについて

先日、地鎮祭が行われた土地に建っている建物の解体作業です。

更地になった土地の地盤調査がさっそく明日行われます。

解体が終わった土地は、柔らかくてふわふわしていました。

地盤調査をして、地盤改良の必要が無いかしっかりとチェックしてもらいます。

私は当日お休みで参加はしていませんでしたが、先日の地鎮祭の写真を見せてもらって、

建物の解体前に地鎮祭を行っていたのが、とても不思議に思いました。

更地の土地になってから地鎮祭をするイメージがあったからです。

 

一般に、解体工事の前に行われるお祓いを「解体清祓い(かいたいきよはらい)」と言うそうです。

解体、建設時のお祓いというのは、特に義務付けられたモノではありません。本来お祓いというのは宗教的な考えによるもので、信じる宗教によってそれぞれ判断は違ってきます。施主様がご自身で考えて必要が無いと思えばやらなくても問題ありません。実際に海外の宗教では解体時や建設時にお祓いをするという考え自体がごく稀なようです。

要するに、解体工事前にお祓いをするのかはそこに住まわれる方々の気持ち次第ということになります。

日本人は古くから「あらゆる物には神様が宿っている」という神道(しんとう)の考え方が根付いていますので、やらないと「何だか悪いことが起こりそう」「気持ちの面で落ち着かない」という方も多いようです。

お祓いや儀式といったものは災厄を取り除き人々の安全、健康を祈るための神事ですので、納得がいくように行えばいいと言うことですね

頭に書いた通り、地鎮祭の後は地盤調査をして、地盤改良が必要なら改良を行い基礎工事へと進みます

安心して住めるよう、一歩一歩進めて行きたいと思います

 

 

安全☆快適『床暖房』

今日は床暖房についてお話します☆

 

これから寒くなるにつれて、室内でも快適に過ごすために

適切な暖房器具を使うことが大切です(; ・`д・´)

安全面にも配慮して暖房器具を導入する必要がありますよね

そのため、安全にお部屋を暖かくしてくれる床暖房の人気が高まっているんです✨

 

  

このように温水マットが敷かれていて、その中には温水が通るパイプがあります。

そのパイプに温水が通り、パイプの中で温まりながら床下を温める仕組みになっています!

 

温風で皮膚の水分が奪われてしまうため、

エアコンなどの暖房器具ではお肌が乾燥してしまいます

ですが!

風を起こさない床暖房は、お肌を乾燥させないので女性には嬉しいですよね

 

と言うのも

エアコンは部屋の高い位置から暖かい風を出すので、風を使って暖かさを拡散します。

そのため、足元が寒く感じやすく室温を上げがち・・・

室温が上がると、湿度が下がり乾燥します。

室温を上げずに暖かさを得る事ができる床暖房は、湿度が下がりにくいので室内はいつでも乾燥知らず

お肌の水分量は減りにくく、お肌のカサカサやノドの乾燥も気になりません💮

抵抗力が弱く、風邪やインフルエンザなどにかかりやすいお子様や高齢の方にも、

空気が乾燥しにくく湿度も保たれる床暖房は心強い味方ではないでしょうか??

 

エアコンなど他の暖房器具を併用しなくても心地よく過ごせるので、

ストーブなどのように空気の汚れやにおいも心配ありません\(^o^)/

 

「寒くてぐっすり眠れない・・・」

という冬のお悩みも、寝室に床暖房を設置すれば解決🎵

朝まで心地よい眠りをサポートしてくれますよ☆

 

温度は、高すぎないよう約40度くらいまでしか上がらないので、低温やけどの心配もほとんどありません!

 

これから家を建てる方や、リフォームをお考えの方、また床暖房に興味をお持ちの方など

メリットだらけの床暖房

とてもオススメですので、ぜひぜひ検討してみて下さい