2018年10月16日

放射熱を96%はね返す遮熱シート

今日は、盛建築でもオススメしている遮熱材「レフミラー96」をご紹介します\(^o^)/

 

レフミラー96とは

宇宙服の技術から生まれた、住まいの温度を快適に保つための遮熱シートです!

 

宇宙服は14層になっていて、そのうち7層がアルミ蒸着された生地でできているそうです。

宇宙ステーションのまわりは、太陽光の当たる部分の温度が120度、逆に光が当たらないところでは-180度まで下がり、その差は300度です(; ・`д・´)

宇宙飛行士さんがこれだけ熱影響を受けずに作業できるのは、このアルミのおかげなんです☆

 

このアルミ遮熱シートを壁や屋根に貼ることで、家全体が宇宙服をまとう状態になります!

 

放射熱を家に溜めないためには、放射熱をはね返す「遮熱」が必要です

しかしほとんどの建材は反射率が低く、放射熱を吸収してしまいます。

各種熱線をよく反射する特性を持つアルミニウムを使った遮熱材レフミラー96は、外部からの熱線を約96%反射します

 

対流や伝導による熱移動を防ぐ「断熱」に加えて、

放射による熱移動を防ぐ「遮熱」を行うことで、室温や建物そのものの温度上昇を抑えます

 

これを使って試してみました

 

ここから数十分後

 

左右の温度計から、レフミラー96の方が外部からの熱が伝わりにくいという事が分かりますよね

 

このように夏の厳しい暑さ対策と、冬の暖気を逃がさない寒さ対策をします!

 

特に夏は屋根からの熱を反射することにより、例えばロフトがあっても1階との温度差がほとんどありません😆

これにより、エアコンの使用も必要最小限となり、省エネ効果につながるのです