2018年04月02日

大雪で冬場に傷んだ雨樋や庇の修理と塗装の相談

こんにちは

桜が満開になりました

車で走っていてもキレイな桜が目に留まります

 

今朝会社に来るといつもお世話になっている塗装屋さんが会社の近所で作業をしておりました。

この冬の大雪の際、雪の重みで雨樋がぐにょんと曲がってしまって、雨の日には庇の角から水がぽたぽた。

ちょっと見てほしいと先日ご相談を受けたお客様のお家を直してくれていました。

 

作業が終わって会社に戻って来ると、今度は会社の近所のまた別のお客様が雨樋と庇の修理のご相談に

塗装屋さんもそのまま見に来てくれました。

雨樋や庇も大分傷んでいましたが、壁のひび割れやサンルームの隙間からの水漏れなどよくよく見ると気になる箇所がたくさん。

その一つ一つの対処方法を相談されていました

そして塗装屋さんの大事なお仕事、色合わせ。

私が見ても微妙な色味の違いが難しくて分かりません

今ある色にぴったりと一緒の色を合わせるのは難しいことのようです

塗装業は色彩のプロでもなければならないのです

 

そんな塗装屋さんに大変興味深いお話を聞きました。

それはズバリ

『色の統一感は高級感を生む』

高級な住宅ほど色が統一されていて、部屋ごとに壁紙や床を替えることによってかえって安ぽくなってしまう事が多いということです。

新築にしてもリフォームにしても悩みがちな壁紙や床などの建材の色。

悩んで分からなくなるくらいなら思い切って全部統一してしまうのもアリなのです

関連画像