2017年02月

ツタエル研修と素敵な仲間

おはようございます。

盛建築サポートマネージャー石川ですhappy01

かっこよく言ってみましたが事務員です(笑)

最近は年末に新しく入った吉村さんや大工さんのブログも更新しておりますのでぜひ盛建築のブログへ遊びに来てくださいheart04

 

さて、去年の夏から始まったタッセイさん主催の研修全7回シリーズが先日終わりました。

2017224105258.jpg⇐講師の㈱ツタエルのイサタケ先生と。

イベントを見据えたチラシの作成方法に始まり情報誌の作り方まで勉強させて頂きましたsign01

実際にそのノウハウを生かして新築見学会イベントを開催してたくさんのお客さんに来ていただき、大きな経験となりました。

インプットだけではなくアウトプットすることで身についていると思いますshine

個人的な見解だけでこれまで作成してきたニュースレターも大きく見直ししました。

一緒に参加してきた同業者の方々の意見を聞いたり、話し合いしたり、とても楽しかったですね~。

自社の良いところ、悪いところ、これかれ頑張るべきことろを知ることができましたconfident

仲間意識も芽生え、一緒に研修してきたみんなを心から応援していますpunch

 

そんな素敵な仲間をご紹介します。

20172241256.JPG

株式会社B-woodさんの大磯社長と三村さんですheart02

大磯社長はほんとに優しくて、相手への気遣いが完璧な素敵な社長さんです。毎回のようにランチもご馳走していただいちゃってありがとうございました。sweat01

いつも穏やかで、でもご自分のポリシーはちゃんとあり、意見も明確。憧れの上司ですlovely

そんな素敵な社長さんのもとで働いている三村さんも美人で課題、宿題も完璧にこなし、大磯社長からも信頼されています。

私にとっては途中まで唯一の女性メンバーだったこともあり、本当に仲良くしてもらって楽しかったです。

私も三村さんを見習って頑張ろう!と何度勇気をもらったことかcoldsweats01

木の素材を大切にした暖かい家づくりにこだわっているB-woodさん。

これらも頑張って頂きたいですし、応援していますsign03

この半年に渡る研修期間中、その他のメンバー、タッセイさんにもたくさん助けていただき、仲良くしていただいて嬉しかったですhappy02

肝心の当社の盛下社長が後半参加できなかったことが残念ですweep

2017224151619.JPG

研修で学んだことを生かしてこれからもがんばりますhappy02

金沢市 新築現場 クロス貼り完成です!

先週から入っていたクロス貼りもこんなにキレイに仕上がりましたshine

201722392555.JPG201722392721.JPG201722392834.JPG201722393137.JPG

   モダンでシンプルなデザインの壁、素敵ですねhappy02

201722393642.JPG   電気工事も始まったようです。flair

完成見学会が待ち遠しいですねgood

日程が決まり次第、追ってお知らせしていきますので、

子育て世代のお客様!楽しみにしていてください。(^_-)-☆

盛建築、新年会です!

先週末、遅ればせながら新年会をしましたscissors

お酒も進みbottle 気がつけば・・・4時間近くもたっていましたhappy01

 

2017220112118.JPG2017220112318.JPG201722011243.JPG

201722011261.JPG  社長ごちそうさまでしたsign01また次回楽しみにしていますnotenote

新築のクロス貼り

今日は久しぶりに10℃を超えるそうで、朝からいいお天気ですsun

週末はまた寒くなりそうですgawk

 

新築現場では昨日からクロス屋さんが入りましたsign01

2017216111026.JPG

 

201721610304.JPG201721611114.JPG

部屋中央にはクロスを裁断する大きな機械が置かれています。

白木だった飾り梁もきれいに塗装されていますねnote

2017216103526.JPG2017216103728.JPG

ランドリースペースとトイレの壁紙は完成していましたdash

2日前の月曜日にお施主さんの奥様とクロスの最終確認したのですが、このトイレの天井、はじめはもっと薄いブラウンに決まっていましたが濃いブラウンに変更。白い壁紙部分も微妙に模様変更しました。

その他ウォークインクローゼットの中も一部、一緒に悩みながら変更しました。

数ある模様や色の中から選ぶって相当大変で悩みますsweat01

気に入って頂けるといいなぁhappy02

2017216105257.JPG2017216105326.JPG

そしてそして、外壁の吹き付け工事もそろそろ完成ですsign01

悪い天候が続いたために予定より遅れてしまったそうです。

写真の撮り方によって色味の見え方が変わりますが濃い目の落ち着いたブルーですshine

子供の展示スペースを考えた家づくりをしてみませんか?

201721510583.JPG

日本には季節ごとの風習が沢山あります。
今月も冬から春に季節が移り変わる立春の節分の日に、みなさまのご家庭でも厄除けの豆まきをされたのではないでしょうか。
次に、子供たちの健やかな成長と幸福を願う、ひな祭りや端午の節句が続きます。

私の息子が通う保育園でも今週から立派な雛飾りが飾られましたhappy01

昔からの風習がだんだんと受け継がれなくなっている現代でも子供の節句は大切に受け継がれていますね。

現代の住宅事情として、部屋の数も減り、和室もないお宅も増えています。
お爺ちゃん、お婆ちゃんに立派な雛人形や兜など用意してもらっても飾る場所に悩まれるご家庭は少なくないと思います。

実は私の家でも長女が生まれた年に義母さんが飾り雛を用意してくださったのですけどもう数年自宅では飾っていませんcoldsweats01

そう!飾る場所が無いのですcrying

大きなリビング1部屋とあとは個々の寝室のみ、もちろん和室も和室スペースもありませんsweat01

なので毎年おばあちゃんの家の床の間の部屋に飾っていて、遊びに行ったときに眺めていますheart04

みなさんどこに飾られていらっしゃいますか?
家を新築する時、リフォームする時は普段の生活を最優先し、年に一度のことですから、忘れがちになりやすい部分でもありますね。

ですが、子供の健やかな成長は家族みんなの願いですので、雛人形を飾る場所、仕舞う場所をしっかりと確保してあると便利です。

棚やタンスの上に飾るのか?
床の間に飾るのか?
飾り台がついている場合は、床の上に直接置くのか?・・・
住宅事情に合わせて、コンパクトなものを選ばれてる方も多いと思いますが、コンパクトでもスペースは必要です。
普段なにもない場所に置く予定でも、置いた時に通行の邪魔にならないかなど考えて周りのスペースを確保する必要があります。

また、エアコンの風は当たらないか直射日光に当たらないか等、考慮する点もありますし、一番は家族でお雛様をみながら子供の成長を願える、用意してくれた人の想いを感じられる場所に飾りたいですよね。


このスペースを確保しておくことで節句人形だけでなく、正月飾りや季節の花々を飾ったり
子供たちの作品展示スペースにしたりと生活のゆとりの場所になると思いますので
これから新築、リフォームをお考えの方は参考にしてよい場所を見つけてくださいねwink

「ひな人形展示スペース 間取り」の画像検索結果

子育て世代にピッタリな家~サイディングと吹付け、外壁の仕上げの選択について

2017210134929.JPG2017210135359.JPG

金沢市I様邸も完成が近づいていますsign01

システムキッチンも設置されました。

広々としたLDK。いいですねぇ~~shine

子育て世代の家には子供が走り回ったりのびのびと過ごせる広いリビングは必須ですよね。

こちらのリビングの横には更に和室スペースもあり、キッチン奥がバスルームとランドリースペースになっています。

生活が楽しくなる!家事が楽になる!これも子育て世代のためには大切なこと。

生活動線、家事動線もしっかり考えられていますnote

2017210142310.JPG2017210142333.JPG

そして、そろそろ外壁の吹き付け作業も始まります。

サイディングと吹付け、外壁の仕上げの選択についても悩む方は多いかと思います。サイディングはハウスメーカーがよく使っていて、吹き付けよりは高価なイメージの方もいらっしゃると思いますがどちらも10年毎にメンテナンスをする必要はあります。

メンテナンスもサイディングだと、多少費用が高くなります。

デザイン優先なら、モルタル+吹付け塗装がいいという意見もありますし。ただし、仕上げの程度によりメンテナンス時期も変ってきますので注意して下さい。塗料や塗膜材の種類によって、耐久性(塗り替えの時期)が変わってきます。サイディングは、デザインが限定されてしまいますが、メンテナンスを優先させるならサイディングの方がいいという意見もあります。

玄関の外側はタイル貼りのデザインです。

塗装屋さんに図面を確認して頂き、どの部分がタイルでどこまでが吹き付けになるのかの最終確認しました。

内装の集成材で作った飾り棚もキレイに塗装して頂くのですが、余った集成材で試し塗りをして発色の確認をしてから塗装するそうです。

どの職人さんも職人魂に驚かされますcoldsweats02

そのこだわりが良いものを作っていくんだなぁと思いましたconfident

天井ボード貼りしてます!!

201727132553.jpg

今日は、グループホームにて天井貼りの作業ですrock

いつもと違って木が相手じゃないので四苦八苦していますdash

現場が富山なので朝は5時半起きsweat02 外はまだ真っ暗ですよ~coldsweats02

天井の軽天下地の作業をしています(^-^)

20172313218.jpg201723132133.jpg

今日は富山県で盛下社長と高山さんが天井の軽天工事をしています。

ここ数日この現場で仕事をしているようですsign01

 

店舗等で内装工事をする際におこなわれることが多い軽天工事。

軽天工事というのは、壁や天井の下地を作る骨組みということです。

軽天工事は昭和50年頃から普及した工事と言われていて、それまでは大工さんが木材で同じような工事をしていたそうです。

防火の検査が厳しくなったこと、木材より安価で早く工事ができる、湿気にも強く、加工性に優れているということから軽天工事が広まったそうです。

201723135213.jpg

 

話は変わりますが今日は節分ですね。そして私の父親の誕生日でもありますdash

先ほどいつも聞いているラジオを聴きながら仕事をしていると「豆まきをしない都道府県ランキング」というのを発表していて、ベスト3に石川県と富山県が入っていましたcoldsweats02

確かに我が家は豆まきしないですsweat01皆様のお宅はどうですかsign02

節分と言えば今年はアルバイト店員の恵方巻ノルマのニュースばかり目についていましたが、今夜はちらし寿司でもしようかなァと考えている石川でした。

和室の材料となる木材を自社で加工しています

20172113578.JPG

現在建築中の和室の材料となる木材の加工風景ですcat

最近では加工会社にお願いするところが多くなっていて、自社で材料を加工できる会社が少なくなっていると聞きます。

もちろん手間が省けるし、精密に仕上がるので必要なことですがその分コストがかかってしまいお客様の負担になってしまうことも・・・

自社で加工することによって細かい調整や修正、お客様の要望に迅速に対応することができますsign01shine

根っからの大工気質の社長は自分たちで加工することを得意としていて、また、この作業が好きなように見えますcatface

201721141330.JPG201721141258.JPG201721141411.JPG

真剣ながらも楽しそうですconfident