2016年09月

アコーディオン網戸 金沢市

201693010245.JPG201693010316.JPG

おはようございます。

秋晴れの清々しい朝となりました。

今日で9月も最後。

いよいよい秋が深まっていきそうです。

 

大分時間が経ってしまいましたが、玄関網戸を取り付けたお客様に請求書をお渡しに行ってきました。

完成を見るのは私は初めてで「ほら、こんなにいいのになりましたよ。見てください」と嬉しそうなご様子。

「以前他の業者さんに頼んだ時は付けられません、と断られたのにこんな工夫して付けてくださってありがとうございます。」

と感謝され喜んで頂けましたまま デコメ絵文字

標準で玄関網戸を付けることはできなかったので、玄関の内側に木枠を作り、それに合わせたアコーディオン網戸をサッシ屋さんに作って頂きました。

横引き収納で見た目もスッキリ。
建物に合せてさまざまなサイズの玄関に取付けできます。

下レールフラットタイプの横引き収納網戸。
ネットにはプリーツ加工を施し、収納のしやすさとデザイン性に配慮しています。

両開きタイプで可動桟はマグネットで固定します。

費用は税込み10万円行かないくらいでした。

 

手土産の栗きんとんと共にコーヒーをご馳走になりお話も弾んじゃいましたhappy02

10月は京都、東京、北京にご旅行や用事のご予定があるようでアクティブさに驚きですcoldsweats02

今日も元気を頂きました。ありがとうございました。

金沢市 新築 洋風 和風

201692616056.JPG

当社は、仕入れ価格をボード1枚から徹底的に調査し、大手に負けない仕入れを実現しております。

とお客様に説明をすることもございますが、ボード100枚納品されました。

もう現場に運んでしまった分もあるので写真では70枚です。

先週も100枚納品したばかりだったので、業者さんに「もう全部使っちゃったの?」と言われましたcoldsweats01

新築もリフォームも大忙しですsweat01

金沢市 店舗改装 簡易防音室 

2016921131510.jpg2016921131541.jpg201692113163.jpg2016921131624.jpg2016921131644.jpg

本日は金沢市にある店舗の改装工事をしていますdash

店舗の一角に防音室を作る工事です。

通常、断熱材は外部に面する壁にいれますが、断熱材を入れ壁のボードを両面2重張りにする事により、簡易的な防音室を作りました

扉は勿論、カラオケルームに使用する物と同じです。

簡易的ではありますが、防音室として十分機能するはずですwinkgood

新築・リフォーム金沢市 

2016915143947.JPG

秋晴れと言うのでしょうか?

良く晴れているのにカラッとしていて気持ちがいい日ですsun

毎日毎日忙しく、今日は頭から煙が出ていた盛下社長(タイトルなし) デコメ絵文字

疲れも溜まってきているのではないかと私も心配しています(タイトルなし) デコメ絵文字

 

お昼、空き時間に突然社長と細川君が懸垂対決を始めました。

しっかりと回数は数えていませんでしたが多分両者20回ほどは出来ていたかと思います。スゴイですね~

結果は社長の2回勝ち(タイトルなし) デコメ絵文字

ですがついこの前までひょろひょろだった細川君の変化ぶりにビックリでした目玉 星 デコメ絵文字

いつも筋肉痛で痛い痛いと言っていましたが、今では重い物もひょいと持てるようになりました。

頼もしく成長中ですよ~good

新築 金沢市 

2016914142917.JPG2016914142949.JPG2016914143516.JPG2016914143548.JPG2016914143613.JPG

2016914112554.gif本日は新築現場レポートです。

全体的にボード貼りも進んできました。

 

1つめの写真はオーダーメイドのキッチン収納・食器棚を作っています。

高さも十分なのでたっぷり収納できそうでうですね。奥には大きな食糧庫もありますしsign01

 

2つめ目の写真はリビングの天井です。

私も今日初めて見たのですが、無垢の天井板に見せ梁。

わぁぁー!!素敵heart01って言っちゃいました。ナチュラルテイストでステキな家族のくつろぎの場所になりそうですよねheart04

 

3つ目の写真はバスルーム。

1.75サイズでこちらもゆったり。お洒落でカッコいいダークカラーです。

 

4つ目はアクセントリーフのキッチンパネルと換気扇フード、5つ目がボード貼りをする藤田さんですhappy01

ブログ用の写真が欲しいので笑ってください!とお願いしましたが、恥ずかしがって黙々と作業をしていましたshine

来週にはLIXILの洗面化粧台が入りますsign01

盛建築 動画撮影

2016912152123.JPG2016912152152.JPG2016912152739.JPG

今日は会社にてホームページやYouTubeの広告として使用される動画の撮影が行われました。

台本を何度もチェックして、訂正し撮影に挑みますsign03

「ニュースキャスターになったみたい」と少し緊張した様子でしたが、

流石は盛下社長shine撮影は順調に進みあっという間に無事撮影を終えましたdash

スラスラと原稿を読み上げ、カメラマンさんも「素晴らしいです!」と言っていましたwink

その後カメラマンさんと共に現場での撮影へと行かれました。

それにしても、撮影機材の映像の綺麗さには驚きましたcoldsweats02

完成した後ホームページに掲載されますので是非見てみてくださいねnote

早ければ2週間ほどで編集と設定が完了するようです。

社長の思いが込もった素晴らしい動画に仕上がっていると思います。

おフロセミナー 湯ば~ば

20169995647.JPG20169995712.JPG

昨日は久しぶりの本格的な雨でしたrain

県内でも山の方で避難勧告が出ていました。

今年は日本に上陸する台風も多くて心配ですが大きな災害がこれ以上起きませんようにsign01

そして今日は秋を感じる過ごしやすい日です。

 

昨日はパナソニックリビングショウルームにておフロアドバイザーとして全国で活躍されている湯ば~ば先生こと倉野通子講師のセミナーに参加してきましたcherry

ミョウバンを利用したお手入れ、お掃除方法について教えて頂きました。

まさしく安全、簡単、節約の生活の知恵がいっぱいでしたcoldsweats02

皆様も是非「ミョウバン消臭」で検索してみてくださいshine

リフォーム金沢市 玄関網戸取付

201695111118.JPG201695111145.JPG201695111215.JPG

 

今日は金沢市で玄関網戸取付のための下地作りです。

水廻りを中心とした大規模なリフォームをさせて頂いた後にもいくつも追加工事を頂いておりますhappy01

暑い夏場に玄関に網戸が欲しいといわれていたのですが、純正のものは取付できず、特注となりました。

以前にも他の業者さんにお願いしたことがあったそうなのですが、断られたそうですsweat02

9月になってしまいましたがまだまだ蒸し暑い日が続いているので玄関網戸も活用しそうですdash

「夏の終わりは少し寂しい」なんてことばも聞きますが、夏が終わるのは寂しいかと聞いたところ「とても寂しい」が11.5%、「少し寂しい」が42.7%で『寂しい』とした人が半数以上だそうです。

みんな夏が好きなんですね~~sign01台風の影響なのか週末から高い湿度が続いていて秋が待ち遠しい私ですcoldsweats01

 

さて、午後からのお天気も心配なところですが、下地は今日中に完成して、明日網戸が取り付けられる予定ですnote

新築 金沢市 地鎮祭

201692102047.JPG201692102118.JPG201692102142.JPG

昨日はこれから新築を建てる若い夫婦のご家族の地鎮祭でした。

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。
工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、工事の無事を祈ります。

少し暑かったですが、天気も良く穏やかな日になり良かったですsun

神主さんが祝詞を上げている最中やんちゃでカワイイ2歳児の息子さんが長い雑草を剣のように振り回していたずらして笑いを誘うなど、和やかな雰囲気の中無事に執り行われましたcatface

盛建築が将来ご家族が幸せになるための家を責任を持って建てさせて頂きますpunchshineと意気込んでいますhappy01

会社に戻って早速キッチン、バスルームや間取りの打ち合わせですhouse

社長が一つ一つ丁寧に説明や提案をしていましたtulip

金沢市 改装工事 無垢杉板フローリング

20169194455.JPG20169194521.JPG

おはようございます。

今日から9月に入りました。

石川県内のすべての小学校も今日から始まりました。

余談ですが、野々市市、白山市は8月30日から学校が始まっていますsign01

野々市、白山市の子供たちからは「え~~!ズルい~」と声が聞こえてきそうですがその分金沢市より早く夏休みが始まっているのかもしれませんね。

 

完成した社長室をまだ紹介していなかったので、遅くなりましたが披露したいと思います。

これまでのブログでも説明してきましたが、床は無垢の杉板。壁は健康塗り壁です。塗り壁は左官屋さんではなくすべて社長と細川さんで仕上げましたshine

見せ梁は檜の板が張り合わせてあります。

窓際の棚は塗装してから一度きれいにつるつるに削って磨き、最後にまた塗装して仕上げました。

社長デスクは以前のデスクと壁との幅が狭くゴンゴンぶつかっていたことを踏まえ、ゆったりと広めに作ったそうです。

シーリングファンライトは以前の社長室のもの使い、ソファー、テーブルも同じものです。

 

いかがでしょうかcatface

自然素材で仕上げた落ち着きのある空間に仕上がっていると思いますcat

個人的に無垢の杉板フローリングが気持ちいいなーと思います。

無垢のスギ板は非常に柔らかく、傷もつきやすいしメンテナンスが大変と言う意見も多いらしいのですが、

『床材について、杉フローリング以外は使わない、と決めています。』という建築事務所さんの記事を見つけました。

大変興味深かったので紹介します。

 

なぜ杉にこだわるのか。傷はつきやすいし、汚れやすい。それでも薦めるのは、杉材こそが床材に最も適していると思うからです。

その思いは使えば使うほど、OBさんの喜びの声を聞けば聞くほど、ゆるぎないものになりつつあります。

その第一の理由は、温かさです。傷を嫌がる方は、広葉樹のカバやナラ、メープルなどを好む方が多い。広葉樹は硬いので傷はつきにくい。ただその硬さゆえに『冷たい』。これは広葉樹と杉の板を踏み比べてみるとよく分かります。広葉樹はどちらかというと合板 のフローリングに似た冷たさがあります。なので、スリッパがないとつらい。もしくは床暖房が要る、という話になるわけです。

床の冷たさは何も樹種だけの問題ではなくて、杉でも表面に厚密加工をしたり、塗膜のある塗装をしてしまうと冷たくなってしまいます。汚れないように、傷が つかないように、と便利さを求めれば求めるほど、木はどんどん冷たく硬くなって、我々人間から遠ざかっていくような気がするのです。

そもそも床っていつから、汚れちゃいけない、傷がついちゃいけないものになったんでしょうか。昔の日本建築の床のほとんどが畳か板間、汚れるし傷も つくものでできていたはずです。それを手入れしながら使いこなしてきたのが日本人です。それがいつのまにか忘れられて、塗装をされた合板フローリングが主 流になって、家の床はスリッパなしでは歩けないようになり、それがシックハウスなんてものも生み出しました。

どんなに優れた加工をされた合板フローリングでも、いつかは傷や汚れがつきます。表面が平滑でピカピカであるがゆえ、付いた傷や汚れはとても目立ちます。また細かい傷がたくさんつき、どんどんくすんで輝きを失っていき、『古く』なっていきます。最初が100点で、少しずつ減点されていくわけです。

逆に、日に焼けるほど深みを増し、人が歩くほど表面が磨かれツルツルになっていく杉は、最初は100点には及びませんが、少しずつ加点されていくような気がするんです。『古美ていく』、という表現を良く使いますが、上手く言ったものだと思います。